お金を計画的に貯める早見表

学び

72の法則とは

投資の世界で72の法則という言葉をよく耳にします。72の法則とは、72を金利で割るとお金が2倍になるという法則です。
例えば、手元に100万円あったとします。これを30年かけて200万円にしたいと思った場合、いくら必要なのかが一瞬で分かる法則になっています。
上記の例で言うと72÷30=約2.4%となります。
また、金利3%で運用すると何年後に2倍になるかというとあ
72÷3=24年となります。

  • 年数を元に必要な金利を求める場合一覧表

こちらにある通り、10年後に資産を2倍にしようと思うと金利は7%必要になります。
今の低金利時代で金利の7%は超高いです
まず無理と考えておいたほうが良いです。可能性があるとすれば不動産経営くらいでしょうか。

  • 金利を元に必要な年数を求める場合一覧表

現在の預金金利は0.01%となっています。仮に預金のみで資金を2倍にしようと思うと
なんと7,200年かかるのです!

そのため、お金を増やしたいと思った場合は投資が不可欠となってきます。

1,000万円貯めるために必要な毎月の投資額と必要年数

お金を貯めるためには継続して続けることが大事です。
そのためには毎月積み立てることが必要になるため、以下に1,000万円を貯めるときに必要な金額を記載しておきます。

積み立てNISAで1,000万円を貯める

積み立てNISAは毎年40万円×20年間が非課税となる制度です。

先ほどの表を見てもらうと年間3%で運用ができたとすると1,000万円貯まることになります。

1,000万円を貯める最短ルートは積立NISA

素人が投資で1,000万円を貯めることは非常に難しいです。

ですが、積み立てNISAだとそれも夢ではないため、日々の家計を多少無理してでも積み立てNISAは全力で活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました